​位置情報の設定について

音声配信サービスをご利用時に
エラーや視聴ができないときの設定方法を紹介します。

 

●スマホ(iOS)の位置情報の利用を許可する

①「設定」アプリを開きます。

②「プライバシー」をタップします。

TCCP_device_iOS_safari01.png

③「位置情報サービス」を許可します。

※iOSのバージョンによっては「位置情報サービス」をタップし、選択肢「確認」「拒否」「許可」から「許可」を選びます。

TCCP_device_iOS_safari03.png

●ブラウザ(Safari)の位置情報の利用を許可したい(iOS)

①「設定」アプリを開きます。

②「プライバシー」をタップします。

TCCP_device_iOS_safari01.png
 

③「位置情報サービス」をタップします。

01TCCP_device_iOS_safari02.png

④「位置情報サービス」がONになっていることを確認します。

02TCCP_device_iOS_safari03 (1).png

      下部にあるSafariのWebサイトをタップします。

03TCCP_device_iOS_safari04.png

​⑤ ④「次回確認」または「このAppの使用中のみ許可」に設定します。
(iOSのバージョンによって文言が異なります。)

04TCCP_device_iOS_safari05.png

●ブラウザ(Safari)の位置情報の利用をWEBサイトごとに許可したい(iOS)

① Safariで位置情報エラーが出た画面のアドレスバー横のメニューを開きます。

 

② Webサイトの設定をタップします。

画像001.png

③ 位置情報をタップし、許可します。

画像002.png
 

【GPS機能が正しく反応してくれない時の対処法(iOS)】

●日時の設定は正しいか

スマホで設定されている日時が正しくないと GPS にズレが生じることがあります。
スマホの[設定]>[一般]>[日付と時刻]から正しい日時になっているかを確認しましょう。
※基本的には「自動設定」をオンにしておけば OK です。

●特定のアプリのみ位置情報が機能していない

・アプリの権限を確認します。[設定]>[アプリ]からアプリの一覧を表示し、権限を確認したいアプリ(SafariやChrome等のブラウザアプリ)を選択しましょう。

・WEBサイトの設定の中に[場所]から位置情報へのアクセスを許可にします。

●位置情報を確認する

・[設定]>[プライバシー]>[位置情報サービス] から位置情報を許可しているアプリの一覧を確認することができます。

●iPhoneを再起動して改善を試みる

・GPS機能の不具合は、iPhoneを再起動すれば改善することも多いです。さまざまな対処法を試したものの、GPSの機能が改善されない場合はiPhoneの再起動を試してみましょう。ただし、iPhoneの機種によって再起動の方法は大きく異なります。自分が持っているiPhoneの機種に応じて再起動を行いましょう。

 

●スマホ(Android)の位置情報の利用を許可する

①設定アプリを起動します。
②セキュリティと現在地をタップします。

Android_TCCP_device02.png

③プライバシーの「位置情報」をタップします。

Android2_TCCP_device01.png

④位置情報の使用をONにします。

Android4_TCCP_device03.png
 

●ブラウザ(Chrome)の位置情報の利用を許可したい(Android)

以下の手順で設定してください。

① 設定アプリを起動して、アプリと通知をタップします。

01AndroidTCCP_apps_01.png

② アプリと通知の詳細設定をタップして開きます。

Android02TCCP_apps_02.png

③ アプリの権限をタップします。

Android03TCCP_apps_03.png

④ 位置情報をタップします。

Android04TCCP_apps_04.png

⑤ Chromeの位置情報をONにします。

Android05TCCP_apps_06chrome.png

【GPS機能が正しく反応してくれない時の対処法(Android)】

●日時の設定は正しいか

スマホで設定されている日時が正しくないと GPS にズレが生じることがあります。
スマホの[設定]>[日付と時刻]から正しい日時になっているかを確認しましょう。
※基本的には「日付と時刻の自動設定」と「タイムゾーンの自動設定」をオンにしておけば OK です。

●特定のアプリのみ位置情報が機能していない

・アプリの権限を確認します。[設定]>[アプリ]からアプリの一覧を表示し、権限を確認したいアプリ(SafariやChrome等のブラウザアプリ)を選択しましょう。

・アプリ情報の[権限]から位置情報がオンになっていることを確かめてください。

​※もし上記の設定でオンになっていても改善されない場合、アプリ側の不具合である可能性もあります。アプリを更新したり、フィードバックを送ってみましょう。

●位置情報のモードを「高精度」に設定する

・位置情報を取得する方法には3つのモードがあります。まずは端末の[設定]>[セキュリティ]>[位置情報]の順に開いてください。※ Android OS のバージョンや端末によって項目名や手順が異なることがあります。

位置情報の設定画面の中にある[モード]を選択しましょう。すると[高精度][バッテリー節約][GPSのみ]の3つのモードが表示されると思います。[高精度]が選択されていることを確認してください。

​・Wi-Fi と Bluetooth をオンの状態にしましょう。これによって位置情報がより正確になります。アプリによっては[高精度]が選択されていないとダメな場合もあります。

●スマホを再起動して改善を試みる

・GPS機能の不具合は、スマホを再起動すれば改善することも多いです。さまざまな対処法を試したものの、GPSの機能が改善されない場合は再起動を試してみましょう。